ウエディングプランナーとして働くこととは?

チャペルの中

結婚式を作りたいと思い、ウエディングプランナーとして勤務したいと考えている方もいるでしょう。ですが実際に働き始めたからといって、誰でも簡単に結婚式を作れるわけではありません。結婚式を作れるようになるまでには、学ばなければならないことがたくさんあることを事前に把握しておきましょう。

ウエディングプランナーの仕事というのは、人々の結婚式を作る夢のある仕事だと思う方もいるかもしれません。確かに結婚式では、人々の幸せを形にするという意味では、夢のある大切な仕事です。ですが夢だけ見ていても、仕事にはなりません。夢ばかり考えるのではなく、現実的な予算の調整やプランを考えなど、ウエディングプランナーにとっては責任重大な仕事がたくさんあるのです。

理想の結婚式を考えると、無理な要求をしてくるカップルというのは珍しいことではありません。そのような無理をいうカップルを相手にするのを面倒だと思っていたら、勤務していても一流のウエディングプランナーに近づけません。無理難題をいうカップルに対応して満足させることができて、一流へと近づけます。

大変なこともある一方でやりがいがある仕事だということを把握して、自分自身を成長させることが働くうえで大切です。

ホテルのウエディングプランナーは営業スタッフ

横から歩くカップル

ホテルの中での結婚式や披露宴では、宴会全般を執り行っている部署がこれらの儀式を担当しています。つまりホテルに勤務しているウエディングプランナーは、宴会スタッフの一員ということになります。挙式の数が多いところでの仕事は、専門の結婚式場と同様に新規のお客さんを成約まで導いていく業務と、結婚式の内容を詰めていく業務に大別されているのが一般的になっています。

しかしホテル本来の業務は宿泊施設の提供にあります。

この施設では挙式後に新郎新婦が宿泊したり、遠方から結婚式に参列する親類が宿泊するなどのケースが多くなっているために、ウエディングプランナーは結婚式に関するプロというばかりではなくこの施設全般についての、営業スタッフであるという意識を持っていなければなりません。責任は重大になってきますが、結婚式を担当したお客さんがその後この施設の常連宿泊客や、レストランのリピーターになってくれるケースも多くありますので、その分やりがいや喜びが大きい職場になっています。

この施設でも披露宴での食事には力を入れています。和、洋、中いずれの料理もそろえたりお客さんに合わせたオリジナルの一品を加える、サービスを行っているところもあります。

スタッフ