プランナーはレストランウエディングにも必要

花を持つ新婦

結婚式には様々な形式がありますが、式場で挙式をあげるとなるととてもたくさんの費用がかかります。そのため予算があまりないカップルは式場ではなくレストランなどを貸切って人前式として行うレストランウエディングを選ぶ人が多い傾向にあります。

式場以外の場所を貸切って結婚式を行うメリットというのは、一番に費用の負担を軽くすることができるということでしょう。式場であればチャペルと披露宴会場のどちらにも会場費がかかりますし、また牧師さんなどを呼ぶのにもお金がかかります。会場の装飾に関しても様々な費用がかかるため、ついこだわってしまうとあっという間に予算をオーバーしてしまうという可能性があります。

それに対してレストランなどを貸切って行う場合には、ある程度の人数が集まる団体での貸切であればわざわざ貸切料をとることをしていないというお店もあります。また会場の装飾も自分で手配して用意した方が手頃な価格に抑えることができます。オリジナルの結婚式を演出することができ自由度が高いため式場ではなくそれ以外の形式を好んで選ぶ人も多いのですが、必ずウエディングプランナーの存在は必要です。

式場に所属していないフリーのプランナーなどに依頼してきちんと段取りよく準備をしていきましょう。

ウエディングプランナーにはマナーが求められる

ブーケ

ウエディングプランナーとは、結婚式を挙げるカップルに式場の営業を行い、実際の式の進行の用意や、衣装や料理などの計画を立てていく仕事です。カップルによって結婚式の規模や予算、照明やBGMといった演出など、やりたいことは異なります。

これらをカップルだけで全て決定するのは大変な労力がいるので、ウエディングプランナーのサポートが欠かせません。イメージや要望から具体的な式を組み立てていくスキルが必要です。

大きなイベントを任されることから、責任が重い仕事ではありますが、幸せな結婚式を作り上げ、新郎新婦に満足してもらえた時の充実感も多い仕事と言えます。人生の中でも幸せな日に立ち会える仕事ということで、人気の高い職業です。

国家資格など働くために必要な資格は存在しませんが、専門学校などに通って民間の資格を取得しておけば就職に有利になります。ウエディングプランナーに求められるスキルは様々ですが、コミュニケーションやプランニングに加え、マナーも大切となります。常識的なマナーはもちろん、婚礼や結婚式場での礼儀やしきたりにも精通しなければいけません。しぐさや言葉遣いなどについても、基本的なマナーを勉強して身につけておきましょう。