想像力が重要なウエディングプランナー

入口

結婚式は人生の中でも大きなイベントの一つとなります。憧れを抱いている方も多いですし、本人たちだけではなく家族みんなが楽しみにしているものでもあります。そういった場面に立ち会うウエディングプランナーの仕事はやりがいのあるものでもあります。

結婚式を挙げることは大抵の方が初めての経験となりますから、どのようなポイントについて決めていくのかという事まで把握できていないことがほとんどです。そういった部分をウエディングプランナーがカバーして埋めていくということが必要になります。

どういったことを望んでいるのかを聞き出すためには想像力も必要になります。本人たちは気が付いていないようなところもあるはずなので、プロとしての知識をもとにして、人としてお客様に対面した時に感じたことから想像力を働かせてどうしたらいいか考えていくという事は大変ですがやりがいのあることです。

苦労して作り上げた結婚式は多くの人の感動を呼ぶことになるでしょう。お客様の様子や話などには結婚式への希望がたくさん隠れています。そういった部分から想像力を使ってポイントとなる点を引き出していくことがウエディングプランナーには求められているのです。

資格は必要なのか、ウエディングプランナーの仕事には

プロポーズ

結婚式を控えるカップルのサポートとして準備を進めていく仕事にウエディングプランナーがあります。ウエディングプランナーには資格は必要ありませんが、結婚式のマナー、常識、様々な情報、発想力、提案力などたくさんの能力が必要な仕事です。

結婚式はカップルにとって一生に一度の大舞台であり、最高の幸せをかみしめる日となります。二人の描いている夢を実現するために寄り添いながら計画し準備していくことが何よりも大切です。結婚式には大きなお金がかかります。それぞれの予算の中でどう組み立てていくか、希望を取り入れながらアイデアを出してそれを進めていきます。

ある程度決まっている流れの中で、二人だけのオリジナル感を出すことや二人が希望することをメインにすること、両家の思いを汲みながら結婚式を作ります。初めての経験となる新郎新婦はわからないことや不安なことなどが多くあるものです。それに対して的確な判断をし、アドバイスやそっと背中を押してあげるのもプランナーの手腕が問われる部分です。

寄り添いながら陰で二人を支えることが必要です。当日、結婚式が順調に進み、新郎新婦はもちろん、ゲスト方々の幸せと愛に包まれた表情を見られる瞬間はホッとするのと同時に、この仕事のやりがいや意味を改めて感じることができるものです。

ウエディングプランナーには忍耐力も必要

老夫婦

人生最大のイベントと言われる挙式に向けて、新郎新婦を最初から最後までサポートする仕事がウエディングプランナーと呼ばれる職業です。初めてのことばかりでわからないことだらけの2人の希望を聞き、挙式に対する望みを最大限に叶えてあげるという、とてもやりがいのある仕事です。結婚式のお手伝いという華やかさから、近年では女性が就きたい人気の職業の一つに挙げられています。

この仕事は結婚式に関する全てのことに関してサポートをしなくてはなりません。そのため結婚式はウエディングプランナーが作りあげるもの、と言っても過言ではないでしょう。挙式会場の選択、新郎新婦の衣装の予約、当日の料理やヘアメイクのことなど、新郎新婦の希望に沿った案をプランナー側から提案することも多く、自分の提案が受け入れられた時には大きなやりがいを感じることが出来るでしょう。

しかしこの仕事は華やかな面ばかりではありません。人生初の大きなイベントを前に新郎新婦は不安感からストレスが溜まり、そのストレスをプランナーにぶつける人たちもいます。また、次々に希望が出て一度決めた内容を変更する人たちも多く、そのような場合にはプランのやり直しとなってしまいます。

このように、華やかな反面、かなりの忍耐力も必要となる職業なのです。