魅力と大変さとはウエディングプランナーという職業の

新郎新婦がたくさん並び

ウエディングプランナーは人気のある職業です。求人に対しての応募者が多く、場合によってはかなりの倍率になることも。しかし華やかなイメージとは裏腹に、気力・体力も必要が必要になることも多く、ノルマや接客、人間関係のストレスも少ないとはいえません。そのような理由により、職場によっては離職率も高めです。

新郎や新婦の式に対するこだわりと予算とのすり合わせも必要です。新郎や新婦はもちろん安くあげることができるならできるだけ安くあげたいもの。値引き交渉もおこなわれます。しかし会社としては売り上げが必要ですし、カップルが納得いかない料金で契約をして低い満足しか得られなかったら、長い目で見ると会社に不利益をもたらすことになります。

また、一生に一度ともいえる結婚式では、失敗は許されず、アシスタントや他の部署に対する指示も間違いないようにしなくてはなりません。ウエディングプランナーは、挙式当日も進行を見守り、トラブルがあれば解決する責任があります。

大変な職業ですが、それだけの苦労があるからこそ、手がけた結婚式が成功したときの喜び、新郎新婦や家族に感謝してもらえたときの喜びはは大きく感動的なものになるでしょう。ウエディングプランナーはそれがあるから止められないという、魅力ある職業です。